人間の成長と教育の関係を考えましょう

教育の境目ってどこにあるのか

人間の成長と教育の関係を考えましょう 教育とはなんなのでしょうか。字の通りに考えると、教えて育てるという意味になります。主に、学校なんかではそれが盛んに行われます。椅子に座って知識を教える座学の他に、挨拶や服装、様々なマナーなどを教える場面を度々目にすることがあり、それらも教育と言えるでしょう。しかし、近年のそれは罵声を浴びせられたり、暴力を振るわれたりということが問題になっています。一体、どこまでがそれといえるのでしょうか。

罵声と言っても、一概に大声を出すということだけではありません。大声を出すことによって、ことの重大さを理解することができ、しっかりと学ぶことができてあるのなら、それは罵声とは呼ばれません。しかし、その境目が曖昧だということもあり、大きな問題に発展しているのではないかと僕は考えます。また、暴力についても、相手の同意さえあればいいのか。怪我をさせなければいいのか。と、なんとも曖昧な境目を持っています。これらを踏まえた上で、本題に戻りましょう。

教育には、教える側と教えられる側の両方の姿勢が大事です。学ぶ気があり、教える気があるなら、そこに成立するのではないかと考えます。

おすすめ情報

Copyright (C)2018人間の成長と教育の関係を考えましょう.All rights reserved.